バルトレックスの効果に驚く男性

膣分泌物で検査のヘルペスの薬、バルトレックスを検索

性行為感染症は、体調の変調や性器の違和感など症状が出ない限りはあまり気にする事なく、酷い場合にはコンドームを使用する事なく性行為を不特定多数と繰り返す人達も多くいます。しかし、性行為感染症への感染の疑いが出て来ると、性行為感染症に関するワードで何回も何十回も検索をかけ、検索しては不安になり痩せる思いをするくらいなら出来るだけ早く性病検査を受けるべきです。性病検査は、保健所や地方自治体が指定する検査機関でエイズ検査を主体に性器クラミジアや淋病、梅毒、肝炎などの性行為感染症の検査も匿名かつ無料(1部有料)で同時に受ける事が出来ますが、性器ヘルペスの検査が行われていないのが現状です。その為、性病科や婦人科、泌尿器科などの医療機関の性病検査やインターネットで購入する事が出来る性病検査キットなどで感染の確認する必要があります。検査方法は、膣内数cmの部分を綿棒の様な物で粘膜部分を軽く擦り膣分泌物を採取するおりもの検査や血液検査、尿検査、喉の粘膜検査などがあります。性器ヘルペスは、発症後も自覚症状がほとんど無い上に、宿主細胞由来のヘルペスウイルスが三叉神経や脊髄神経などの神経節に潜伏感染し、免疫力が低下する度に再発を繰り返すので、自覚症状が無くても定期的に検査を受けるのが好ましいとされています。又、感染が判明したら、出来るだけ早くバルトレックスなどの抗生物質で治療すべきです。バルトレックスは、バルトレックスは、抗生物質アシクロビルにバリンをエステル結合させたプロドラッグバラシクロビルを主成分とするDNAポリメラーゼ阻害薬であり、40%~50%が肝臓で代謝後排出され、47%が糞便として排泄されるので体内に蓄積される事が無く、非常に安全性の高い治療薬です。

TOPへ戻る